ad
ad

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年12月20日 (20:30)

ブラクリを駆使する 極めろブラくり釣法

これから冬にかけて大活躍するのがブラクリ。今回はこのブラクリについて掘り下げて書きます。
●ブラクリの種類
ブラクリっていろんな種類あるのご存じですか?
ソロバン型

オーナー針 あいなめブラクリ 15号 B-233

価格:486円
(2016/12/20 10:18時点)
感想(0件)



ブラクリパニック

ヤマリア ブラクリ パニック 2 F

価格:330円
(2016/12/20 10:18時点)
感想(0件)



ブラー

フジワラアソートブラー 6g /メーカー[フジワラ fujiwara][Asort Buler][西田式ブラー]

価格:403円
(2016/12/20 10:18時点)
感想(0件)



スプーン

釣り トラウト スプーン 0.7g 6色/6枚セット 管理釣り場/湖/渓流/管釣り/管理釣り場用/セット/ルアー スプーン

価格:1,978円
(2016/12/20 10:20時点)
感想(0件)




この4つのブラクリを駆使して魚を釣る。それが私のブラクリスタイルです。どのように使い分けるのかといいますと、まずキャストする場合には間違いなくブラー。これのいい点はフォールが自然でゆっくり落ちるのでフォール中のあたりが多い。なるべく軽いgを用いて自然に落とすことを意識しましょう。穴釣りなど落とし込むときはソロバン型。穴の底に確実にピンポイントに落とし込めるのが特徴です。何か変化をつけたいとき、魚が渋いときにはブラクリパニックやスプーンを使ってリズムを変える。この2つはいろんな魚が食ってくるのが魅力。パニックではチヌ、スプーンではカワハギなんかも狙えます。無限の可能性を秘めたブラクリを皆さんも極めませんか。
スポンサーサイト
カテゴリ : 釣法記事のURL

2016年12月19日 (23:31)

泉大津 チヌ コマセの配合で差をつける

太刀魚が激渋になった今、何を釣ろうか迷う日々。最近はシーバスかカレイかチヌといったとこでしょうかね。特にチヌは好調が続いているようで各地釣り場で大型がコンスタントに上がってます。私の友も昨日泉大津で50を獲ったらしく、いつもより調子にのってましたよ。チヌといえばコマセ。私が愛用しているコマセの配合はさなぎミンチ、チヌパワースペシャルMP,ムギパワー白を一袋ずつ混ぜて、空き缶を使ってミンチにした生サナギを1kg追加して完成。つけ餌は生サナギとネリックスサナギを使います。
コマセと付けエサはチヌを釣るうえでかなり重要な要素になります。釣れないという方はぜひこの配合と餌の組み合わせを使ってください。黄金比率の配合ですよ!!!
カテゴリ : 釣法記事のURL

2016年12月16日 (21:00)

穴釣りの極意

冬に近づくにつれアイナメを狙う人が増えますが、今日は効率よく穴釣りをするコツのお話です。穴釣りがうまい人のほとんどがやっていること、それは良い穴を探すことです。どういった穴が根魚にとって良い住処かというのを分かっていればスピーディーに釣り場を選択でき最短距離で魚にアクセスできます。
①日陰の穴をねらえ
日の当たる穴はあまり釣れません。太陽の角度や堤防によって影部分は変わってきますのでよく観察して日陰をさがしてください。
②底まで落ちる穴をねらえ
魚は底にいます。底まで到達できないと釣れる確率はへります。水深が浅くても底まですんなりいく穴を探してください。
③足場が安全であること
無理はいけないので足場が安定していて餌を落としやすいところを選びましょう。
あとは反応がなければすぐ見切りをつけて数を打つことだけです。いい条件で数を打つ。間違いなく釣果が伸びますよ。
カテゴリ : 釣法記事のURL

2016年12月09日 (22:38)

貝塚アジング カラーローテーションで釣果アップ

陽が沈むのも早いし、寒い。釣り人も次第に少なくなってきている。こんなときでも必死に竿降ってるやつらは間違いなく釣りバカでしょう。今日は釣りバカどもを従え貝塚にアジングに。ここ最近夜の回遊が目立ちテトラ帯を歩いて探るのが恒例。ねらい目は照明によってできた影の境目部分。ここを通すと食ってくることが多いです。釣り方としては境目にキャスト後5秒ほど沈めてゆっくりまくだけ。あたりがないときはタナを下げていくといい。あとアジはワームのカラーを変えた途端にHITすることがしばしば。こまめにワームのカラーローテーションを変えることが釣果につながるので最低5色はバリエーションを持っていきましょう。
カテゴリ : 釣法記事のURL

2016年12月05日 (22:00)

エレベーター仕掛けで大物を狙え

エレベーター仕掛けで大物を捕った人の話を最近よく聞きます。エレベーター仕掛けはぶっこみ釣りの生き餌VER。20~30号の重めの錘をまず投げた後にスナップサルカンにつけた生き餌を海底に送り込むという釣り方。エサ持ちがよく、PRしやすい、根に潜られ難いなどの特徴があり、置き竿でやれるのもおかっぱり向けの手軽な釣法です。最近ではメジロ、ブリ、タチウオ、大ガシラ、アコウなど多彩な魚種が狙えます。底のほうで泳がす釣法なので底にいるアジやハゼ、キスなどを餌にするのが鉄板です。ある程度空いてる釣り場じゃないといろいろ迷惑かけるので空いた日にやりましょう。
カテゴリ : 釣法記事のURL

潮見表

プロフィール

turidourakun

Author:turidourakun
明石、神戸、大阪をメインフィールドに釣りをするおっさんです。
リアルタイムの釣果情報をお送りしていきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

Appendix


まとめ

ad

カウンター

検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。